On the road〜海の街へ

海街暮らしと、日々のあれこれ

再会。

f:id:mahinakea:20210228184842j:plain

1991年。

まだ世界は湾岸戦争中で多国籍軍を日本も支援し、海上自衛隊の船がペルシャ湾に派遣されていたその頃。

社会問題などにはほぼ目を向けることもなく、15歳の私は都内の女子校に入学した。

団塊ジュニア世代の私達はとにかく人数が多く、私の母校も当時はマンモス校だった。

女子ばかりの毎日は楽しいことだらけ。

朝からおしゃべりに花が咲いて、昼休みともなればランチを囲んで前日のドラマや恋の話。

禁止されてるティーン向けのファッション雑誌を隠れて開いて、おしゃれの話も盛り上がった。

放課後は部活か、バーガーショップでおしゃべりの後、ウインドーショッピング。

SONY PLAZA」(現・PLAZA)でアメリカ雑貨の入荷チェックも欠かせない。

当時はL.Aカジュアルが流行っていて、ポーチはレスポで、制カバンにはソニプラで買ったアメリカ製のクリップにシールを貼ってポケットに挿していた。

ESPRITの布バッグや、ラルフローレンのルーズソックス、カラフルなヘアゴム。

学校でできるおしゃれは限られるので、みんな同じものを持っていた。

とにかく、毎日学校は楽しかった。ほとんど休まなかった。

入学からあっという間に3年間は過ぎ去ってしまった。

クラスのほとんどの友人が付属の学校に進み、外に出た私は高校時代の友人とは疎遠になっていた。

 

あれから、30年。

この海街で高校の同級生と偶然再会した。

最近はマスク生活ということもあり、初めは全く気づかずに接していた。

2回目に会った時に彼女がマスクでなくフェイスシールドをしていて、あら?と思った。

その日はそんな偶然あるものかしらと、首を傾げながら帰った。

そして3回目、ついに「〇〇ちゃん?」と聞いたら、「そうだよ〜。」と返ってきた。

彼女もうっすら気づいていたけれど、確信できず聞けなかったと。

お互い結婚して苗字が変わっていたこともあり、30年も経っていれば仕方ないことかも。

二人で大笑い。

「こんなことってあるんだね〜!」

高校時代の懐かしい話や卒業してからの話、近況報告など、久しぶりに高校生に戻ってまた話に花が咲いた。

彼女も数年前に家族と都内から海街に引っ越してきたそう。

小さなこの海街で出会うなんて、よほど縁があったのだなぁと嬉しくなった。

同じ時代を過ごしてきた、まだティーンの頃の私を知っている同級生。

そういえば、彼女とは高校3年間ずっと同じクラスだった。

また丘の上の彼女の家に行くのがとても楽しみ。

もうすぐ外構工事も終わるので、私の家にも遊びに来てくれるそう。

きっとここでおばあちゃんになるのも一緒なんだなぁと思うと、なんだか心強くもある。

怖いもの知らずだった無敵の女子高校生が、30年後に一緒にのんびり海街で過ごしている。

とっても素敵な偶然。

 

この続きは、また次回。

sea you soon.

いらっしゃい。

f:id:mahinakea:20210227200848j:plain

今日は朝から掃除三昧の大忙し。

まだ引っ越して3ヶ月くらいだけれど、毎日暮らしていけば家のあちらこちら汚れてくる。

もちろん日々掃除はしている。

掃除機はルンバに任せているけれど、ルンバの手が届かない場所はクイックルワイパーや雑巾掛けもしている。

とは言っても、「ま、今日はいっか〜。ここはいつか時間ある時にやろう。」と見逃す場所があるのも仕方ないこと。

毎日の掃除を100%やりきってはいないのは当然だと思う。

だから、人々は年末に大掃除をしたりするのだから。

 

今日はHMの方がお客様を我が家にお連れする「モデルハウスの日」

たくさんお世話になったHMのお役に立てるなら、いくらでも家を解放しますとも。

せっかく素晴らしい家を建てて頂いたので、綺麗な姿でお見せしたかった。

なので、掃除を朝から始めた。

キッチンは私が毎日よく使うので、普段から他の場所よりも掃除をする場所。

とは言っても、汚れやすいこともあり侮れない。

換気扇、ガスコンロ、シンク。

掃除はやればやるほど美しくなり、達成感を味わえる。

特にステンレスの部分は新品なので、磨いたらピカピカに光る。

セスキ水、メラミンスポンジ、雑巾を駆使して拭き上げ、真っ白なキッチンカウンターは新品かのように綺麗になった。

ライトグレーのシンクも明るくなった気がする。

キッチンのタイルはくすみが取れたし、窓もしっかり拭いたら光がよく入るようになったかも。

キッチンがすっきりしたら、次は玄関。

家の顔でもある大切な場所なので、ホコリや砂をしっかり掃いてから雑巾で拭き上げた。

真新しいスリッパを並べて、出来上がり。

まだ時間があったので、リビングやホールの拭き掃除。

家具の埃を拭いたら、出来上がり。

 

約束の時間になり、HMのスタッフとお客様のファミリーがやってきた。

お客様は5歳の女の子とご両親。

担当のHさんがそれぞれの部屋の解説をしながら、ご家族の質問に答えていた。

私は2階のリビングで、皆さんが上がってくるのをお茶の支度をしながら待った。

そのあと、設計期間の苦労話や住んでからの印象と感想を、皆さんとお茶を飲みながら話させて頂いた。

大変だったけれど、HMのスタッフとたくさん話す機会をもてたこと。

「夢ノート」を作って、溢れる情報の中でぶれないように自分の希望を綴っておいたこと。

などなど、ご家族の状況を伺いながら僭越ながらアドバイスもさせて頂いた。

 

今でもコロナの影響でショウルームの予約が取り難かったり、思うように作業が進まない中、家づくりを頑張っているファミリーのお役に少しでも立てたなら嬉しい。

大変な作業ではあるけれど、頑張って良かったと思える家をあのファミリーにもぜひ建ててほしいと思う。

可愛い5歳の娘さんにとっては、いずれ「懐かしい我が家」になるのだから。

 

この続きは、また次回。

sea you soon.

YOKOSUKA。

f:id:mahinakea:20210224180631j:plain

海街に移ってから、時折横須賀の港に出かける。

海上自衛隊の港があるこの街では、水上艦艇や潜水艦などを普通に目にすることができる。地元の方には見慣れた風景でも、毎回感動してしまい時間を忘れて眺めている。

日々厳しい訓練を積み、旭日旗をはためかせた頑強な艦艇に、白い制服姿で乗り込む自衛官の方々の姿は素晴らしく格好良い。今は女性の自衛官も多く、男女問わずキリリとしていて凛々しい。

昔から自衛隊や、旧帝国軍を扱った映画やドキュメンタリーを好んでよく見ている。

難しい決断を迫られたり、苦い思いをすることもたくさんある中で、命や平和に向き合う真摯な姿が描かれることが多い。横須賀で艦艇や潜水艦を見るたびに映画のシーンや映像を思い出し、うるっとしてしまうこともしばしば。

 

この日はなんと艦艇や潜水艦だけでなく、南極観測船「しらせ」を見ることができた。

1956年に始まった南極観測史上初めて、無補給無寄港で南極を往復し横須賀に帰港した。

タロ、ジロでよく知られるあの南極観測隊

南極物語」は私も見るたびに涙してしまい、悲しみのあまり途中で断念すらしてしまうという、犬好きにとっては最期まで見終えることが苦行の名作映画。

あの頃は観測隊員も日本から船で向かっていたけれど、今はオーストラリアまでは飛行機で向かうそう。そこから南極までを船で航行する。

今年はコロナの影響で隊員がオーストラリアに飛行機で向かうことも、船が燃料補給のために寄港することも叶わなかった。

昨年の11月に横須賀を出発し、燃料節約のため例年の6割の95日間で、氷をかき分けながら無事に往復3万キロを航行してきた。

その船をこの目で帰港した日に見られるなんて。

燃料を節約しながらの長い洋上生活は不便もたくさんあったはず。

観測隊の皆様、船員の皆様本当にお疲れ様でした。

 

そして、横須賀にはアメリカ軍の基地もある。

現在は原子力空母「ロナルドレーガン」が寄港しているよう。

神奈川県はアメリカ海軍の寄港情報を公開しているので、私達も確認することができる。

ちなみに日本は航空母艦は持っていない。

戦争をする国と戦争をしない国、二つの国の艦艇が行き交う横須賀の港。

中東での任務を終えた海上自衛隊護衛艦「むらさめ」も先日無事に帰港したばかり。

 

横須賀によく出かけるようになって、世界の中の日本について考えるようになった。

島国の日本は海で世界とつながっている。

毎日たくさんの国の船が日本にやってきて、日本の船が世界のあちらこちらに人や物を載せて出ていく。

人々の豊かな生活のためだけに、世界中を船が航行すれば良いのにと思う。

 

この続きはまた次回。

sea you soon.

春。

f:id:mahinakea:20210223151915j:plain

 

今朝、春がやってきた。

朝起きて窓を開けると「ホーホケキョ」とウグイスが鳴くのを聞いた。

この街に来るまで知らなかったのだけれど、ウグイスはいつもはピーピー鳴く。

春の繁殖の季節がやってくると、鳴き声が変わるそう。

 

道端にはたんぽぽやオオイヌノフグリが花を咲かせ、木の花は梅から早咲きの桜に移り変わり、店先にはミモザやヒヤシンスの花がお目見えする。

海の景色もぼんやりと霞がかってくる。

冬の終わりに安堵し、そして少し憂鬱にもなる。

このところ春先特有の強い風が吹き荒れている。

乾燥して埃っぽいので肌はカサカサ髪はパサパサ、アレルギー性鼻炎症状と目の痒さで毎日ままならない。

いつも春は嬉しいのだけれど、少ししんどい季節でもある。

桜が咲いて散る頃には、強い風もアレルギーもだいぶ治まってくるだろう。

 

今年の春は子供の高校の卒業式と大学の入学式が控えている。

卒業式は簡略するものの、予定通り保護者も参列できる。

入学式は保護者の参加はご遠慮くださいと、大学から案内が来た。

附属校からのエスカレーターとはいえ、大きな区切りになる。

まだ小さな子供の手を引いて、幼稚園に入ったのが3歳の春。

小学校、中学校、高校とするする時間は流れ、いつの間にかもう18歳で高校卒業。

もう手も繋がないし、ディズニーランドもショッピングも友達と行く。

高校での授業はもう終わっているので、今日も友達と時間を過ごしているはずだ。

親と離れられる子にきちんと育ってくれて良かった。

もちろんまだ成人もしてないし、大学卒業までは4年ある。

親の義務も役目もまだまだあるけれど、自立した大人にして社会に送り出すことが子育てのゴールだと思っているので、まずまずの成長ではあると思う。

これから親の手をますます離れて、冒険も楽しみつつ、しなやかな大人になって欲しい。

 

入学式から始まって、保護者会、三者面談、母の会活動、バザー係、運動会に文化祭などなど、母である私にとっても学校には思い出がたくさん詰まっている。

嬉しいことも、辛いことも、理不尽な思いをしたこともあるけれど、最後は感謝のひと言。

この学校に通わせて良かったと思えるだけの成長を子供がしてくれた。

親や家族だけでは、こうは育たなかっただろう。

そして、私自身も親としての教育を受けてきたように思う。

カトリックの厳格な校風ではあったので、良き母のエッセンスをいつも示していただいてきた。

母だって子供と一緒でいつも手探りで前に進んできたのだから、多少大変なことを求められてもありがたかった。

乾燥で荒れた肌や髪をどうにかして、きちんとした姿で卒業式に臨もう。

私達親のための卒業式でもあるのだから。

 

この続きはまた次回。

sea you soon.

モデルハウス。

f:id:mahinakea:20210216155228j:plain

HMの担当のHさんから電話があった。

「お客様に是非、お宅をお見せしたいのですがいかがでしょうか?」

これから家を建てようとしているご家族に、モデルハウスとして紹介したいとのこと。

Hさんにもスタッフの方々にもたくさんお世話になったので、恩返しのつもりで快諾した。

この家に住んで数ヶ月、本当に生活しやすい家なので是非お勧めしたい気持ちもあった。

 

私の『夢ノート』をもとに、まさにワンチームで作り上げた我が家。

こうすれば良かったぁとか、これはいらなかったなぁという場所がひとつもない。

関わった全員が諦めず、ひとつひとつ丁寧に粘り強く検討してきただけのことはある。

注文住宅は本当に大変だけれど、頑張った先には夢のような暮らしが待っている。

毎日ストレスを感じず、快適に気持ち良く過ごせている。

結婚して20年家事を担ってきたので、ルーティーンも決まっているし、使うものも手順も私流が既にある。

それに合わせて作った家なのだから、家事動線が完璧なのは当たり前。

 

それから、少し無理をしてオーダーにしたキッチン。

高さ、幅、レイアウト、素材、全てが私好みに合わせているので、居心地が最高に良い。

料理をするだけでなくゆっくりお茶を入れたり、お花を生けたり、お酒を飲んだりして毎日何時間もここにいる。

このキッチンに立つと富士山を眺められる。

今年は寒くなってきてもしばらく雪をかぶらなかったので、白富士を毎日楽しみに待っていた。

大好きなキッチンで心置きなく、ゆったり時間を過ごしている。

全てに予算はかけられなかったので、キッチンを1番に考えて家づくりをしたけれど、大正解だったと思う。

 

家を建てる時には、どの場所が大切な場所なのか、誰がどこにいる時間が一番長いのかを考えることは大事だと思う。

我が家は子供と別世帯なので簡単に答えは出たけれど、家族が多いと揉めることもあるかもしれない。

家のことを家族ひとりひとりが考えることで、家族のスタイルも再確認できる。

意外と全員がキッチンを好きだったりすることもあるかも。

それならみんなで集まれる、広くて大きなキッチンを作れば良い。

家の中にいるよりDIYガーデニング、アウトドアが好きなら、家なんか小さくていいから大きいガレージと庭を作ったらみんな楽しいだろう。

 

家族のスタイルに合わせて、家はどんな形にでも建てられる。

それには、まず信頼のおける家づくりのチームを見つけること。

今度我が家に来るご家族にも、このことは伝えたいと思っている。

 

この続きは、また次回。

sea you soon.

山街。

f:id:mahinakea:20210214192159j:plain

私の住む海街は、海以外の三方を山に囲まれていて、ハイキングコースが設けられていたりもするのだけれど、この街の人は山中で普通に暮らしている。

裾野から山の上の方までずっと広がっている住宅地もあれば、山の上まで道路でぐんと上がっていくと頂きに現れる天空の住宅地もあったり、なかなか面白い。

そもそも公立の学校が山の中腹にあったりするので、子供たちは上がったり下がったりの山道が通学路。

山も海も当たり前にそばにある街。

 

私はわんこと一緒の朝散歩は海に出かけることが多いのだけれど、陽気が良ければ時には山にも足を向ける。

お気に入りのハイキングコースの入り口は、何気ない住宅地の奥にある。

細い階段を上がっていくと途中までは住宅もあり、重い買い物をした日は大変だろうなぁと思いながら進むと、すぐに本格的な山道になってくる。

勾配ははじめがとても急で息が上がるのだけれど、そのあとは少しずつ緩やかな登りが続く。

30分も歩けば山頂広場に着き、そこから海の向こうに富士山が見える。

高いところからの眺めは、浜からのものとはまた違った趣があって清々しい。

そのあとはまた少し急勾配の山道を下って、海沿いの住宅地に抜けるようになっているのだけれど、私は大体はどこかでUターンして来た道を戻っていく。

海側に下りきってしまうと、大きく迂回している海沿いの車道の脇を歩かなければ帰って来られないから。

落ち着きのないワンコ連れでは、危なっかしい。

 

山散歩は寒い時期限定の楽しみだと思っている。

暖かくなってくると蜂やアブが攻撃しだすし、ワンコにとってはマダニも心配。

以前、G.Wくらいの時期に近くの山を歩いていて、マダニを拾ってしまったことがあった。

たまたま、次の日がトリミングの日でトリマーさんが見つけてくれた。

マダニは人間にとっても怖い生き物で、きちんと駆除しなければならないそう。

そのサロンも駆除のため、次の日一日休業にさせてしまった。

我が家のワンコは問題なく、元気だったけれど。

なにより山は寒い時期の方が、空気が澄んでいて気持ち良い。

あと冬ももう少し。

晴れた日にはワンコと山に登って、白い富士山を山頂から眺めよう。

 

この続きは、また次回。

sea you soon.

 

 

 

 

良理道具。

f:id:mahinakea:20210210191945j:plain

私の父は東京の浅草生まれ、浅草育ち。

祖父母が亡くなり父の実家がなくなってしまうまでは、浅草はよく出かけていた場所の一つ。

上野動物園や上野公園、浅草寺など、あちらこちら小さい時にはよく連れていてもらった。

地元の鳥越神社の祭りには、父が汗だくで法被姿で神輿を担ぐ姿を祖父母の家の2階から見ていた。

小さい頃の思い出は、映画の一場面のように端的。

でも、たくさんのシーンがその匂いや温度と一緒に頭に浮かぶ。

 

よく連れていってもらった上野動物園は目をつぶっても歩けるけれど、子供の時はもっともっと広いと思っていた。

今はなくなってしまった東園と西園を繋いでいたモノレールにいつも乗せてもらっていたが、大人になって歩いてみたら大した距離ではなかった。

わざわざ並んで乗ることもなかった。

私の祖母は神田の生まれで、歯に衣着せぬきりりとした女性だった。

私が幼い頃は上野公園を上野駅の方に抜けると、日本軍の軍服を着て半分になった脚に包帯を巻いた兵隊さんが物乞いをしている姿をよく見かけた。

小さな私にとっては可哀想で少し怖い存在だったが、祖母は相手にしてはいけないとピシャリと言った。

帰る時間が来れば半分になっていた脚の包帯を解いて、両脚でしっかり歩いて帰るんだから、と。その姿をだいぶ後になって、本当に見かけた。

上野で有名なアメ横でも、物は買わないようにとも言われていた。

戦後の闇市がルーツの商店街で、当時は質が良くないものもたくさん売られていたよう。

4人の子供を必死で育てていた祖母にとっては、その良くない印象がいつまでも拭えなかったのだろう。

その時も私は舶来物のお菓子を、そっと父に買ってもらっていた。

10代の頃のアメカジ全盛時代には、足繁く通って楽しく買い物もしていた。

もはや戦後ではないのだから。

 

ある日、その祖母と合羽橋の道具街に出かけた。

今ほど一般の人向けのお店があまりない頃。

菊屋橋の「ニイミ」に有名なジャンボコックができたばかりの頃だったろうか。

あれを見に行ったのかしら?

あらゆる大きさのプロ向けの料理道具、包丁、お店や旅館で見る業務用の食器。

当時大好きだったお子さまランチのプレートや、見たことない大きさのお鍋やしゃもじがあったり、ワクワクする楽しい場所だった。

 

その後も仏壇街の先には、祖父母のお墓のあるお寺があったので、時には合羽橋にも両親と出かけていた。

ワクワクは歳とともにだんだん薄れていき、しばらく足は遠のいていたけれど、大人になってまた出かけるようになった。

変わらないお店もあったけれど、一般の人や外国人の方が増えて来ていた。

父の従姉妹が嫁いだという道具店も、もうどこなのかわからない。

家庭を持ち子供ができて料理にも力を入れ始めると、欲しいものがたくさんできた。

あれやこれやと手にとってお店を巡っていたら、時間がすぐに過ぎてしまう。

美味しい老舗のパン屋さんや昭和の風情漂う洋菓子屋さん、おしゃれなカフェ、全てが私にはお気に入りの場所になっていった。

 

すっかり料理好きになった私が出会った大好きなお店が「釜浅商店」さん。

明治41年創業の釜、包丁、鍋、フライパンなどなどを多岐に渡り扱う老舗の商店。

4代目のご主人がお店のリニューアルを大成功させ、スタイリッシュなお店に。

パリにもお店があり、本も出されていると言うのだから驚いてしまう。

日本、いや世界の名だたる料理人たちが、この商店の道具を使っている。

昔から変わらず日本中の職人たちが作る、良い理の道具を紹介しているので、「良理道具」と言う商品コンセプトを掲げている。

使ってみるとプロの調理人でなくとも、私のような一般人でも納得。

使いやすく計算されていて、美しく、扱いやすい。

 

包丁、ナイフ、まな板、鉄釜、おひつ、すき焼き鍋、たわし、おろし金などなど上げていったらキリがないけれど、私の持っている道具たちにもそれぞれ理がある。

包丁をさらに使いやすくするためのまな板。

鉄釜で炊いたご飯をもっと美味しくする木の香りのおひつ。

鉄鍋類にはよく汚れが落ちて品質を落とさない専用のたわし。

手際良く料理ができて、美しくおいしくなり、後片付けさえもスムーズだ。

それに適した道具は、作業を楽に楽しくさせてくれる。

まだまだ欲しいものはあるのだけれど、今はできたばかりの庭のデッキで、しっぽり大人のBBQをするための七輪を狙っている。

包丁もそろそろ研ぎに行きたいし、あー合羽橋が私を呼んでいる。

 

この続きは、また次回。

sea you soon.

 

#海街暮らし #日本のものづくり #多拠点生活 #移住 #合羽橋

#釜浅商店 #ライフスタイル #注文住宅